女性更年期と薄毛とは?

女性増毛ガイドTOP 女性用の薄毛と更年期

閉経の前後5年くらいの時期、だいたい10年間が更年期です。

更年期は早くおとずれたり、ずっと遅くだったりと人によって時期は違います。 更年期にはあらゆる不愉快な症状に悩まされることはみなさんご存じでしょう。 のぼせや動悸、頭痛、関節の痛みなどの身体症状や、気分が滅入る、やる気が出ないなどの精神症状が強くでる場合もあります。

ではこの時期が薄毛と関係あるのでしょうか。

更年期が毛髪に影響を与えていることは事実です。密接に関係しています。 更年期には女性ホルモンであるエストロゲンが徐々に減っていきます。 エストロゲンには、毛髪の成長や発達を促す働きがあります。 毛髪の育成にはエストロゲンが欠かせないのです。 今まで分泌されていたエストロゲンが激減することによって、頭皮や毛髪へのダメージも大きく出るのです。 エストロゲンが少なくなることで頭皮や毛髪に充分な栄養がいきわたりません。 それにつれ頭皮の血行も悪くなり、毛髪の成長も妨げられます。 毛根が弱り毛髪が抜ける原因にもなります。

毛髪の質も低下が生まれる

また毛髪自体の栄養も不足することから、毛が細くなったりもろくなったりツヤがなくなるという、毛髪の質も低下します。 エストロゲン減少のために及ぼす身体の変化はさまざまで毛髪の変化もそのひとつなのです。 毛が細くなりコシがなくなると思うようなヘアスタイルにならずにイライラしてしまうでしょう。 できれば更年期など避けたいですが、誰にでも同じようにおとずれるのが更年期なのです。