医療用

女性増毛ガイドTOP 医療用と美容用の増毛・ウイッグ

あらゆるタイプのウィッグや増毛法があります

増毛しようと購入を考える人にとっては種類が多くて迷ってしまうと思います。 ひとことで言えば、自分に合ったものがよいということでしょう。 髪の質が低下したためにボリュームがなくなりスタイリングに困っている人だと美容用。 病気のために髪の毛が抜けてしまい、生え揃うまでに使うなら医療用。

どちらもウィッグや増毛法に頼ることに変わりはありません。 では医療用と美容用のウィッグや増毛法はどういう違いがあるのでしょうか。

実際は医療用、美容用の明確な線引きはありません

付け心地がよければいいという声も多数あります。 ただ、病気治療などににより一時的に髪の毛がなくなっている人の場合には、これから生えてくることが前提となります。 生えてきた髪の毛の行き場が困らないようにウィッグの地肌面から出てこれるようなつくりになっているものもあります。

また医療用において重要なのは、通気性です。 通気性がよくないと抵抗力がおちている人は感染症を起こす可能性もあります。 抗菌加工が施されているかは重要なポイントとなります。 もちろん抗菌加工は医療用に限ったことではありません。

頭皮にあたる部分、接着面はより繊細に仕上げないといけません。 毛の結び目で違和感を感じては皮膚によくありません。 こすれて炎症を起こしてしまうかもしれませんから。 抵抗力が落ちている人が使用する前提でつくられているのが医療用だと考えてもいいかもしれませんね。